受注管理システムの利用方法

出荷管理システムにつなげる

受注管理システムの最も基本的な業務は、注文を受けて出荷管理システムにつなげることです。通知を受けた出荷管理システムが商品を出荷することで、消費者に商品が届きます。また、急激な商品ニーズの増加によって在庫不足を招く場合、アラーム機能として知らせる役目を果たします。発注者側に対して注文確認メールなどを送付する機能も、受注管理システムに盛り込まれています。さらに、発注者側のデータをCRMシステムと連携させることで、顧客が必要とする情報や商品をいち早く察知できます。受注管理システムの詳細な機能は、システムによって違いがあります。それ故、自社が必要とする受注管理機能を備えシステムを選択することが大事です。

受注管理システムの流れ

受注管理システムの使用方法は、システムによって異なります。大手通販サイトの例でみると、4つのステップに分かれています。ステップ1として、管理システムのメニューから「新規受付一覧」を選択します。ステップ2は注文を作業別に分類し、スピードアップを図ります。受注管理システムでは注文を作業別に分類でき、条件に合わせた絞込みも可能です。ステップ3では注文票一覧から、該当の注文詳細を選択します。ステータスや絞込みにより、一覧表示が可能となります。これにより、注文の見落としが防げます。そしてステップ4として、発注者に確認メールを送ります。その後に発注者側の入金が確認できれば、商品の発送となります。発送後は完了メールを送付し、一連の作業が終了となります。

© Copyright Net Shop Outsourcing. All Rights Reserved.